玉置先生がかまた歯科に入りました